FC2ブログ

2020-07

★優待鳥も異次元の領域に★

本日の日経平均株価は13331円をつけ年初来高値を更新しました。
今月の月足も陽線で終われば実に9ヵ月連続の陽線となります。
ホルダーにとっては、まさにアベノミクス様様といったところですね。
アベノミクスが優待に与える影響は以前にも書きましたが
人気優待の代表格オリエンタルランドの株価は2008年安値の5750円から15820円にまで上昇しています。
実に2.7倍以上ということになり、単純にホールドしていたときの利益は計算するまでもありません。
また、コロワイドも2008年安値390円から1089円といったように
軒並み高騰しており、クロス組の面々にはなんとも痛々しい限りですね。
安倍政権の「異次元の金融緩和」のスタンスは普遍であり
デフレ化で「我が世の春」を謳歌した優待族にもまさに「異次元の領域」に入ったといえ
新たな戦術を模索する時期に来たといえるでしょう。


↓そのほかの最新情報はこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



★アベノミクスと優待生活の終焉★

アベノミクスの本質はデフレからの脱却で
それは「資産を膨らませる」という結果を念頭においています。
「デフレからの脱却」が、日本の成長に不可欠という信念に近いものを感じます。
実際、ここ数ヶ月で円安が進行し、株価も高騰しました。
輸出企業の業績は好転し、企業の含み資産も大きく増えたわけで
今のところアベノミクスは筋書き通りということでしょう。

これを「優待生活」という視点から見ると、結果として優待利回りの大きな低下を意味します。
優待が脚光を浴びてきたのは、長引くデフレの中で株価が低い水準にあったからこそであり
このまま株価が上昇を続ければ、両建てしてまで優待を取る意味がなくなってしまいます。
正直な話、相応のキャッシュを持っていれば、これまでの株価水準であれば
優待だけで生活することも不可能ではない状況だったと思います。

昨日記載したブログには、「コロワイド」を例にとりましたが
利回りが半減している銘柄も多数出てきています。
優待は「デフレ時代」でこそ威力を発揮した手法だったわけです。
人気優待のひとつである「オリエンタルランド」にいたっては
この時期でも「とり放題」という状況がそれを物語っています。

今後もこの流れが進むようであれば、いよいよ両建ての優待の終焉ということにもなりかねません。
単純にホールドしていたほうが得策といった時代に入ったのかもしれません。

★コロワイドの優待利回りは半減に。。★

優待の雄である「コロワイド」の株価が1000円を超えてきました。
12年3月期の株価が600円前後、11年9月期は500円前後で推移していて
現在の株価は約2倍になっており、優待利回りで当時に比べて半減したといえます。
それでもなお、優待の内容は充実していますが、主力の居酒屋が苦戦しており
現状の優待が継続するかは予断を許さない状況です。


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

★インフレが株主優待に与える影響について★

当たり前のことですが、インフレで株価が上昇すれば
優待の利回りは低下し、取得できる銘柄の数も減ります。
インフレで物価が上昇すると取得した金券系は相対的に価値が下落します。

デフレ時代における優待戦略は通用しなくなる可能性が高いですね。
これは、鞘取りなどの低リスクの投資法にも当てはまることで
今までとは違った意味での戦略が必要になりそうですね。

しかし、株価も、為替も最近は振れ幅が大きく
世界的な金余りを象徴している現象です。
それは実需ではなく、ある意味「虚像」であることを頭の隅に入れておかなければいけないことに思えます。

★ヤフオクで自分の評価を傷つけない3つの方法

優待券を換金する方法としてメジャーな方法にヤフオクを利用することは
すでに皆さんが実践されていることだとおもうます。

皆さんもご存知のとおり、ヤフオクには「評価」というものがあり
取引に際しては、それを参考にしてしている方も多いですね。

この評価ですが、ヤフーのシステム上の問題で一度ついたものは
変更できない仕組みになっています。
たとえそれが不当な評価であっても、一度付いた評価は変更できません。

昨今では、ヤフーのシステム上の隙を狙って新規登録で意図的に悪い評価を付けようとする入札者も出てきているようです。こうした入札者から自分の評価を傷つけないためには

新規入札者は入札があっても取り消して削除する。

オークションの終了時間には注意して監視するようにする。

即決価格は設定しない。

以上の方法が有効であると思います。
二つ目の方法に関しては、時間を拘束されますが、複数の出品物の終了時間をそろえるなどの工夫で対応していくのがベターではないかと思います。

また、出品者から料金を取っているのだから、こうした参加者を排除するシステム、不当な評価は訂正できる仕組みをヤフー側が対応してくれることが急務だとは思うのですが。。。

«  | ホーム |  »

プロフィール

株優

Author:株優
kabuyuu2012◎gmail.com
◎を@に変更してください。
 


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

新着 株主優待情報 (134)
優待論 (9)
管理人からのご挨拶 (1)
最新情報 (3)
このサイトについて (1)
株主優待コミュニティ (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

月別アーカイブ

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新コメント

最新トラックバック